サッカー観戦で色んな戦術を

観戦

日本代表チームの強化の一環として海外の強豪国のナショナルチームやクラブチームを日本に呼び試合を行う回数が増えてきました。サッカーの代表チームが公式戦で対戦予定の相手チームによく似た戦術を得意とするチームが呼ばれるのです。アジアには速攻を得意とするチームや最終ラインに大柄なデフェンスを並べ鉄壁の守備を得意とするチームが有ります。

彼等に対抗するためには彼等の戦術を体で理解し本能的に反応する必要が有るのです。その為には同じ様なチームと対戦する事が大事なのです。一方観戦を楽しみにしているファンに取っても公式戦で対戦する相手によく似たチームとの試合となると力の入れ方が違うのです。一方サッカーの評論家、解説者に取っても本番前の代表チームの仕上がり具合を観戦する事は予備知識を入手でき、ましてや本番を想定した相手と成ると力の入れ方が違うのです。

同じ様にスタジアムに行けなくテレビの前で観戦するファンに取っても代表チームの戦い方が気になり、どの様な戦術を使って相手を抑え込み結果として勝利するかを確認したいのです。代表チームが何とか親善試合に勝ったとしても、本番で対戦する相手の方が更に強い等の心配事を抱えながら本番の日を待つのです。

サッカーのブックメーカーはこちら


Jリーグとサッカーの戦術

Jリーグ

Jリーグのサッカーでは、高度な戦術を見ることが出来るのも魅力の一つです。既にJリーグは世界でもトップレベルにまで来ていますから、戦術も今の世界のトップレベルとなっていると考えてもいいでしょう。

日本は研究などの点ではかなり優秀ですから、作戦を考えたりするところでは世界を凌いでいるかもしれないのです。サッカーはどちらかというと個人の技能よりは集団としての組織がものをいうところが大きいとも考えられてもいます。トップレベルとなると個人の能力にはそれほど大きな違いはなくなってきますから、勝敗を大きく左右することになるのが、この考え方などの戦術ということになってくるわけです。そのため、Jリーグでも成績が悪いチームの監督などは、リーグ戦の途中でも解任されることもあります。

それぐらいにサッカーにおいてはこの戦法を考えてチームの指揮をとるということは大きな意味があるとされているわけです。当然試合ではその戦術が見られるので、これを楽しみにしている人も大勢います。これが分かるようになるとサッカーの魅力がより深くなると考えてもいいでしょう。特にボールを持たない人がどういう役目をしているのかかが分かるようになるので、より楽しく試合を見ることができるようになります。


キックオフとサッカーの戦術

キックオフ

サッカーには様々な戦術がありますが全てはキックオフで試合が始まってから始まります。キックオフはボールを前に出さなくてはならないという決まりがあるだけでそれ以外のルールはありません。極端な話フリーキックのように直線ゴールに向かってシュートを打ってもいいという訳です。真中に二人立って、片方が触った後にバックパスをするのは前にボールを出さなくてはならないというルールによるものという訳です。

バックパスをした後もチームによって行うことは様々です。その後ゆっくりパス回しをすることが一般的にも思えますがそれだけではありません。例えばマックパスの後斜め前に大きくボールを蹴りだすチームがあります。そのボールをサイドの選手が追いかけ攻撃が始まり試合開始直後に大きなチャンスを作ることが出来ます。

パスが繋がらなかったとしても相手エリアから次のプレーを始めることが出来ます。また一般的に行われている最初のパス回しももちろん意味があります。最初は相手チームもポジション通りに配置されているため攻撃しにくいですが自陣でパス回しをすることで相手のフォーメーションを崩すことが出来ます。これらのように一見普通に行われていることにも様々な戦術があります。サッカーは自由度が高いからこそ奥が深いスポーツなのです。


サッカーの日本代表チームの戦術

サッカーの日本代表チームの戦術は変化し始めました。ワールドカップの南アフリカ大会で決勝トーナメントまで進出しましたが、残念ながら1回戦で敗退しました。今迄で最高の成績で有り、諸外国から称賛されました。暫くはこの大会の中心メンバーにより代表チームが編成され、ワールドカップブラジル大会のアジア予選までは順調に勝ち進みましたが、本大会で惨敗し早々に姿を消しました。

慌てた日本サッカー協会は監督を交代させ新監督を招き彼の新しい戦術に期待しました。合わせて代表の招集メンバーも大幅に入れ替え若手の選手を思い切って代表に呼び監督の戦術を学ばせました。そのお陰で若手の数人の選手がレギュラーポジション確保一歩手前まで来る様になりました。新監督の新しい戦術に上手く適用できたのです。

反対に何人かの常連組は代表メンバーから外れる事になります。監督の意図するやり方がが上手く理解できず監督の構想外になったのです。当面の目標であるワールドカップロシア大会のアジア予選突破に向けてラストスパートの段階に来ています。猛暑の時期に重要な試合が設定されて居り、体力のある若手に取ってはレギュラーポジション取りの絶好のチャンスになります。

日本